ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.02.25 Wednesday

2015シーズン到来。

各地で解禁を迎え、スプーンの販売も忙しくなってきました。
パッケージは毎日届き、ご希望のスプーンの発送を行っています。
今年はカタログの製作に合わせ、在庫の量を増やしたので、第一希望の商品をお送りできる確率が高いです矢印上

ご希望のスプーンとカタログを2部お送りしています。

シーズンの到来に合わせ、いろいろと活動開始です。
大使館が多い港区あたりの旅行会社では、2015年ロシアツアーの打ち合わせを行いました。
そのあとで、ロシア人バイヤーとスプーンの輸出について情報交換!

ロシアは、通貨安により生活必需品でない趣味の釣具は影響を受けているみたい。
ドル円に置き換えると、1ドル250円・・・といったところ。
通貨安前の商品は旧価格のうちによく売れたらしく、それらの商品補充はこれから・・・。
ロシアと同じくらい好調だったウクライナはロシア以上に苦戦。
比較的釣り場の多い東部は、停戦状態とは言え釣りどころではないらしく、
首都キエフの釣具店も状況は深刻・・・かな?
管理釣り場の運営をしたいというキエフ市内の釣具店からの相談も・・・、
ウクライナのような国でも、トラウトの釣り場は限定されるようで、
ルアー人口の増加には欠かせない模様。
「池を作るのではなく、今ある池を借りるそうです・・・」
そんな話をしながら3時間・・・「戦争が終わったら一緒に行ってみましょう」
微妙な提案を受けながらも、少しは期待感アリ・・・。
一方、こちらの通貨は1ドル8フリヴニャが35フリヴニャ前後に・・・。
4−5倍というか、5分の1か・・・。
日本で1個500円のスプーンが現地では関税・運賃諸々で1000円、
それが5倍で、日本製スプーン1個5000円。
通貨の変動待ちといったところ。
それでも通貨の安定した日本とは異なり、いつかきた道といった状態か。
釣具を輸出するのは大変そうだけど、管理釣り場の経営を始めるには、
5分の1の投資で始めることができます。
5000万円の投資が1000万円でOK!!!!
”ウクライナ管理釣り場の父”なんて呼ばれる可能性も今ならあります!

・・・と、くだらない会話が終わったところで羽田空港へと向かったのでした。
2015.02.04 Wednesday

カタログ完成!!!

新しいカタログが出来上がりました。
2011年以来4年ぶりです。
ノーザンバイトやDCバイトも掲載されています。
ノーザンバイトはカタログ掲載に合わせて、全国販売します。

現在、釣具店向けの発送を行っており、
カタログ請求、パッケージ送付頂いた方には順次発送します。
今回も1万部印刷しました。
ノーザンライツ社と釣り問屋に各3000部配布。
2月中旬までには取扱店に発送できる予定です。
新カタログ

伝説の源流に触れる・・・
全20ページ・・・。
伝説の源流に触れる
2014.11.14 Friday

海外釣行 2015


2015年の海外釣行予定です。
割引航空券購入のため早めにご計画ください。

6月中旬 ロシア・トゥムニン川:サクラマス・イトウ・グレーリング・カラフトマス・ドリーバーデン
9月上旬 アラスカ・キーナイ半島:シルバーサーモン・レッドサーモン・ピンクサーモン・スチールヘッドほか

費用は7泊8日で、ロシア約30万円、アラスカ28万円の予定です。
大幅に円安になっているので少なからず影響が出ます・・・かね?
ルーブルもひどく安くなっていますが・・・ドル払いなので・・・。

魚との前に為替相場との戦いになりそうです!

ノーザンライツ 春日代表とキーナイ半島の河川で・・・。
2014.09.12 Friday

アラスカ・キーナイ半島2014

今年も出かけてきました。
アラスカ・キーナイ半島へ・・・。

サンフランススコ経由

レッドサーモン

ノーザンライツ春日代表とレッドサーモン。

今回は同じ町に住むプロカメラマンとの旅になりました。
写真と映像はすべて任せたので、
コンパクトデジカメで撮影したものを少しばかり・・・。

ロシアンリバーではブラウンベアが出てきたので、パチリ。

いずれまた、映像での紹介も含めてできるかと・・・。
釣果はかなり良かったです。
来年の9月も出かけましょうかね!
2014.08.24 Sunday

ロシア釣行の掲載誌 無料発送!


ロシア・ウリベヤ川釣行の掲載誌を、
販売期間経過につき無料で発送します。

大量仕入れで・・・余りました!
雑誌・送料とも無料にて、在庫がある限り発送します。
8月中は在庫があると思います。
2014.07.22 Tuesday

極東ロシア釣り紀行

小田誠治の極東ロシア釣り紀行、
『釣り画報』8月号 中国地方版・四国地方版に掲載されました。
カラー10ページ。
中四国地方の書店、釣具店、コンビニにて発売中!



数十冊在庫があります。
定価627円+送料で発送可能です。
ウリベヤ川に興味のある方・・・必見です!


DCバイトでも・・・

ノーザンバイトでも・・・
2014.06.29 Sunday

ロシア・ウリベア川釣行

今年のロシア釣行、無事終了しました。
天候にも恵まれ、今回も良い結果になりました。

快適シートなTANKに乗り、思っていた以上に快適な旅でした。


来年も出かける予定です。
ニシンの産卵に合わせた6月か、サケが遡上する9月なのか・・・。


今年、トゥムニン川ツアーの参加希望がいくつかありましたが、
中止を決定したあとで、実施できませんでした。
トゥムニン川へは、来年6月に出かけます。
対象魚はサクラマスとイトウです。
今年のハバロフスク州の河川については、すべて情報を得ています。
来シーズンに向けて、株式会社ユーラスツアーズにて、一般募集を行います。


ハバロフスクの旅行会社社長と商談中!


雑誌掲載のため、写真は4枚のみです!
2014.06.14 Saturday

海外遠征第一弾〜ロシア

今日はひとまず羽田経由の成田で一泊・・・。
それで、あすからは3年ぶりのロシア。

釣り雑誌の取材になったので、もう頭の中は原稿のことでいっぱいです。

今回も・・・準備が悪く、窓の外を見れば夜明け・・・。

モスクワを含めたロシアは相変わらず勢いがありますねぇ。
国内も北関東の釣り問屋から、シェル張りのスプーンが発売になります。

写真)本日出荷のシェルバイト各種。
大型のスプーンは、遠征のためのバイト20g、マスターアングラー20g。
思惑通りにいきますかね。

6月22日まで、お休みとさせていただきます。
2014.05.25 Sunday

シーズンイン

5月後半に入り渓流もシーズンイン、
西日本から北海道まで色々と釣果報告をいただいています。

フィッシングレイクたかみやも、よく釣れていて、
5月下旬に入っても日曜日には50名以上の釣り人で賑わっています。


毎年恒例の海外向けの発送も次第に忙しくなってきました。
来月シーズンインとなるロシアからは、今年もたくさんの注文が届いています。
ある地域では、ヤマメカラーが好評のよう。


まったく宣伝活動を行っていない地域で売れ続けるのは、
”釣れる”からだと思うのですが・・・。
見放されないよう、
今日も品質第一で、塗装作業に取り掛かろうかと・・・。
2014.04.10 Thursday

KEEP NATURE.....

暖かくなり各地の釣り場とも賑わい始めた様子。
釣具店への出荷がこの1ヶ月遅れ気味・・・。
店頭での販売は今シーズンも好調のようで、
釣具店から納期の問い合わせをいただくことが増え、
毎日作らなければならないスプーンの数を計算しています!

シーズンに入り、製品の台紙10枚集めてスプーンをGET!
な企画が大好評。
釣り場が次々に開き、スプーンの需要が高まっているようです。
ほぼ毎日のように届く封書を、だいたい1週間分まとめて返信しています。
タイミングによっては少し時間がかかることもあります・・・。

こちら、何ヶ月分でしょうか?
10枚・20枚の送付が大半ですが、時には200枚以上の方も・・・。
Powered by
30days Album